唯識論解説 - 深浦正文

唯識論解説 深浦正文

Add: wikifu57 - Date: 2020-12-09 15:30:49 - Views: 162 - Clicks: 2118

9 形態: 12, 736, 32p ; 22cm 著者名: 深浦, 正文 シリーズ名: 唯識學研究 / 深浦正文著 ; 下巻 書誌ID: BN10895253. 唯識學研究 下巻(教義論) (オンデマンド版) 深浦正文/大法輪閣 /11出版 736, 22cm ISBN:NDC:183. 4: 大きさ、容量等: 435, 22p ; 22cm: 注記 竜谷大学出版部昭和9年刊の複製 価格: 5800円 (税込) JP番号:: 出版年(W3CDTF. 4: 佛教研究法: 深浦正文著: 鳳: 1985. 教義論 フォーマット: 図書 責任表示: 深浦, 正文言語: 日本語 出版情報: 京都 : 永田文昌堂, 1954. 深浦 正文(ふかうら せいぶん、1889年 2月23日 - 1968年 7月31日)は、浄土真宗の僧、仏教学者。 奈良県出身。佛教大学(のち龍谷大学)卒、浄土真宗本願寺派。インド 留学ののち、1920年仏教大教授。40年西本願寺 勧学。. 補導成唯識論 フォーマット: 図書 責任表示: 佐伯良謙補導 言語: 日本語 出版情報: 斑鳩町(奈良県) : 良謙和上遺徳顕彰会, 1985. 識論』の注釈書である『成唯識論述記』(以下『述記』)と『成唯識論掌中枢要』(以下『枢 要』)から法相唯識の思想体系を総合的に解説した深浦正文、『説無垢称経疏』(以下『無垢.

不相応行 (viprayukta-saṃskāra) - 心と心所と色の分位の差別。心でも物質でもなく、しかも現象を現象たらしめる原理となるもの。 5. 心(心王, citta) - 識それ自体。心の中心体で「八識心王」ともいわれる。 2. デジタル大辞泉 - 唯識の用語解説 - 《〈梵〉vijñapti-mātratāの訳》仏語。一切の対象は心の本体である識によって現し出されたものであり、識以外に実在するものはないということ。また、この識も誤った分別をするものにすぎず、それ自体存在しえないことをも含む。法相(ほっそう.

4 (5刷) 唯識論解説: 深浦正文 著: 第一書房: 1985. 唯識論解説 (1985年). ユイシキロン カイセツ.

国立国会図書館の検索・申込システムです。 登録idでログインすると、複写サービス等を利用できます。 (登録について). 配送料 ¥589. 富貴原 章信 、 深浦 正文 | /1/1.

唯識論解説: 深浦正文: 昭60: 8,800円: 9943: 天台四教儀集註精義 3冊揃: 上田照遍: 明29: 33,000円: 9944: 四教儀集註匡謬: 慧澄: 天保七版: 16,500円: 902: 結城令聞著作選集 3冊揃: 春秋社: 平11: 165,000円: 13721: 埼玉の中世文書: 埼玉県立図書館編: 昭40: 3,300円: 903: 心意識論. 深浦正文 深浦正文の概要 著書『仏教研究法』丙午出版社 1923 仏教大観『仏教聖典概論』生田書店 1924『経典の概要』仏教文化協会 1926 『仏教文学物語』東林書房 1929 『唯識論解説』竜谷大学出版部 1933-34. See full list on weblio.

唯識論解説: 著者: 深浦正文 著: 著者標目: 深浦, 正文,: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 第一書房: 出版年月日等: 1985. 三島由紀夫の最後の作品となった『豊饒の海』四部作は唯識をモチーフの一つに取り入れている。第四部「天人五衰」の最終回入稿日に、三島は陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自決(三島事件)した。作品概要は『豊饒の海』の項を参照。 澁澤龍彦は、三島が唯識論に熱中していたことを『三島由紀夫をめぐる断章』で触れ、唯識論とは何かを三島に問われた宗教学者の松山俊太郎が「あれは気違いにならなければわからない、正気の人にわかるわけがない。唯識説のよくできているところは、ちょうど水のなかに下りていく階段があって、知らない間に足まで水がきて、知らない間に溺れているというふうにできている。それは大きな哲学の論理構造であり、思想というものだ」と言った話、それを聞いた梅原猛が「感心している三島も三島だが、こんな馬鹿げた説を得々として開陳している仏教学者もないものだ」と批判した話に触れている。また、澁澤宅を訪ねた三島が、皿を一枚水平にし、もう一枚をその上に垂直に立てて、「要するに阿頼耶識というのはね、時間軸と空間軸とが、こんなふうにぶっちがいに交叉している原点なのではないかね」と言うので、「三島さん、そりゃアラヤシキではなくて、サラヤシキ(皿屋敷)でしょう」とからかった話も紹介している。. 12: 唯識学研究: 深浦正文 著: 大法輪閣:.

唯識論解説 フォーマット: 図書 責任表示: 深浦正文著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 龍谷大學出版部, 1934. 『唯識論解説』深浦正文 第一書房 『仏教における心識説の研究』勝又俊教 山喜房仏書林 『瑜伽行唯識学の研究』武内紹晃、百華苑 『大蔵経講座 大乗起信論講義』衛藤即応 名著出版 『大乗起信論読釈』竹村牧男、山喜房. 「唯識論解説 上下全2冊」深浦正文 函欠・経年並 a5 435頁 初版 龍谷大学出版部 昭8 20,000円 「法服格正の研究」川口高風 函欠 a5 628+19頁 初版 第一書房 昭51 4,000円 「涅槃宗の研究 後篇」布施浩岳. 12 オンデマンド版 唯識學研究 / 深浦正文著. 唯識論解説 - 深浦正文 大法輪閣. 美術人名辞典 - 深浦正文の用語解説 - 浄土真宗本願寺派の僧・仏教学者。奈良県生。はじめ中島慈光と称す。奈良法満寺の住職。唯識思想研究の権威。仏教研究・宗教教育のみならず、海外特命布教師としても活躍。著に『唯識学研究』『倶舎学概論』等。竜谷大学名誉教授。同派勧学。.

色(rūpa) - 肉体や事物などのいわゆる物質的なものとして認識される、心と心所の現じたもの。 4. 1: 新稿仏教文学物語: 深浦正文. 心所 (caitasika) - 識のはたらき。心王に付随して働く細かい心の作用で、さらに6種類に分類し、遍行・別境・善・煩悩・随煩悩・不定(ふじょう)とし、さらに細かく51の心所に分ける。心所有法、心数法とも訳される。 3.

唯識論解説: 深浦正文: 昭9: 8,800円: 901: 唯識論解説: 深浦正文: 昭60: 8,800円: 902: 結城令聞著作選集 3冊揃: 春秋社: 平11: 165,000円: 903: 心意識論より見たる唯識思想史: 結城令聞: 昭10: 82,500円: 904: 唯識三類境選要講義: 一蓮院秀存述 細川千巌閲: 明26: 8,250円: 905. 書名: 唯識論解説: 著作者等: 深浦 正文: 書名ヨミ: ユイシキロン カイセツ: 書名別名: Yuishikiron kaisetsu: シリーズ名: 唯識三十論頌. Pontaポイント使えます! | 唯識論解説 | 深浦正文 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 唯識といって、以上のように唯八識のみであるというのは、一切の物事がこの八識を離れないということである。八識のほかに存在(諸法)がないということではない。おおよそ区分して五法(五種類の存在)としている。(1)心、(2)心所、(3)色、(4)不相応、(5)無為である。この前の四つを「事」として、最後を「理」として、五法事理という。 1.

深浦 正文(ふかうら せいぶん、1889年 2月23日 - 1968年 7月31日)は、浄土真宗の僧、仏教学者。 奈良県出身。佛教大学(のち龍谷大学)卒、浄土真宗本願寺派。. 無為 (asaṃskṛta) - 前四法の実性。現象の本質ともいうべき真如。 さらに心を8、心所を51、色を11、不相応行を24、無為を6に分けて別々に想定し、全部で百種に分けることから、五位百法と呼ばれる。なお倶舎論では「五位七十五法」を説いており、それを発展させたものと考えられる。. 復刻版 フォーマット: 図書 責任表示: 深浦正文著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 第一書房, 1985. 仏教の唯識思想、法相宗の中心典籍である『成唯識論』の中、遍行心所觸という言葉の解釈をとりあげ、日本の近 現代の仏教学者である深浦正文が『唯識論解説』などにおいて原文を誤読したまま解説を行っていることを指摘.

7 形態: 2, 3, 271-435p ; 23cm 著者名: 深浦, 正文 書誌ID: BB01800422. mixi仏教 倶舎論・唯識・中観の学習方法。 倶舎論・唯識・中観の学習方法。 プロフェッショナルな研究者や法相宗の僧侶になるためにはサンスクリット語とチベット語の学習が不可欠です。. 【tsutaya オンラインショッピング】唯識論解説/深浦正文 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画や.

94 税込&92;16,500 オンデマンド出版物 20. 昭和8年~ 深浦正文 龍谷大学出版部 函なし、裸本です。天地小口にヤケシミあり。ページにヤケ、シミ、線引、書込みあり。表紙に退色、スレ、キズはありますが、中身状態は経年並です。. Amazonで深浦 正文の唯識論解説 (1985年)。アマゾンならポイント還元本が多数。深浦 正文作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

深浦正文著. 12: 國譯一切経: 深浦正文, 二宮守人 譯 ; 松本照敬 校訂: 大東出版社: 1996. 深浦正文 著: 大法輪閣:. 「華厳経」では「唯心」という。また「唯識論」では「唯識」という言い方をする。その違いは何であろうか。 『華厳経』では、「集起の義」について唯心という。『華厳経』は、覚った仏の側から述べているので、すべての存在現象が、そのままみずからの心のうちに取り込まれて、全世界・全宇宙が心の中にあると言う。そこで、すべての縁起を集めているから「集起の義」について唯心と言う。 唯識論では、「了別の義」について唯識という。唯識では凡夫(われわれ普通の人間)の側から述べているので、人間のものの考え方について見ていこうとしている。すべての存在現象は人間が認識することによって、みずからが認識推論することのできる存在現象となりえているから、みずからが了承し分別している。そこで「了別の義」について唯識という。心ではなく、識としているのは、それぞれの了別する働きの体について「識」としているのであって、器官ではない。器官は存在現象しているものである。 しかし、唯心といっても、唯識と言っても、その本質は一つである。詳しく分けて論ずれば、「唯心」の語は、修行する段階(因位)にも悟って仏になった段階(果位)にも通じるが、「唯識」と称するときには、人間がどのように認識推論するかによるので、悟りを開く前の修行中の段階(因位)のみに通用する。「唯」とは簡別の意味で、識以外に法(存在)がないことを簡別して「唯」という。「識」とは了別の意味である。了別の心に略して3種(初能変、第二能変、第三能変)、広義には8種(八識)ある。これをまとめて「識」といっている。. 倶舎學概論オンデマンド版 - 深浦正文 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まって.

唯識論解説 フォーマット: 電子ブック 責任表示: 深浦正文 著 言語: 日本語 出版情報: 竜谷大学出版部, 昭和9 書誌id:. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 龍谷大學出版部, 1934. 唯識論解説 - 深浦正文 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

唯識論解説 - 深浦正文

email: pabyn@gmail.com - phone:(160) 172-5487 x 1794

花と蛇 完結篇 - 団鬼六 - 日本貿易実務検定協会 貿易実務ハンドブック

-> 改定史籍集覧 別記類 第14冊 - 近藤瓶城
-> シェルスクリプトポケットリファレンス bash編 - 宮原徹

唯識論解説 - 深浦正文 - つくもようこ 巻セット パティシエ


Sitemap 1

はだか大名 - 山手樹一郎 - 学校と毎日の遊び たかいひろこ むかしのくらし思い出絵日記